保管と防虫剤

収納する際に専用の圧縮袋がない場合は、キッチン用の保存袋でも代用が出来ます。

キッチン用であれば空気も抜けにくくなっていますし、大きいサイズの保存用であれば、厚手のセーターでもいけます。

セーターを入れて、膝のあたりで「ぎゅーっ」と押さえて簡単に空気を抜いて、しっかり閉じましょう。厚手のセーターは場所をとるので薄く圧縮しておけば、虫食いからセーターを守ることができます。長期保管する場合は、防虫剤も忘れずに!炭でできた消臭効果のあるものを入れたりするのも効果的です。

炭は、ニオイだけでなく湿気にも対応しているので強い見方です。

ただしダウンジャケットは圧縮袋に入れないほうがよいでしょう。

ダウンも場所をとりますが、アイロンがかけられないため、シワが出来たときに伸ばすことができません。シーズンが終わったらクリーニングに出して、

不織布の袋に入れて吊り下げ収納をするのがベストです。

iPhoneが故障したときの対処法

iPhoneが壊れてしまった、と感じるときがあります。そのようなときには、どのように対処するべきなのでしょうか。
まず、iPhoneが故障した、と感じるときには様々な場合があります。画面が割れてしまい、ディスプレイに何の表示もされなくなった、もしくは、水没させてしまい、うまく動かなくなった、さらに、iPhoneの電源を入れようとしても、まったく入らない、など、その症状には様々あります。しかし、どれも、生活において使えなくなった、という点で共通しています。
そうなってしまった場合、正規店に修理を依頼するのが、最も確実に直してもらえる方法です。正規店であれば、替えとなる部品がほとんど必ず存在しているからです。他にも、第三者の修理店に出す、という方法もあります。正規店よりも安く済むことが多いですが、替えとなる部品が、正規のものとは違う可能性があるため、注意するべきです。
故障した場合、適切に対処しましょう。

子供にiPhoneを与える際に気をつけたいこと

スマートフォンの普及率が90%を超えた現代において、子供たちの間でもiPhoneの普及が急速に広まっています。家庭内でiPhoneを与える際にはあらかじめ、使用についてルールや制限を設けましょう。子供の自由裁量に任せてしまうことはおすすめできません。iPhoneではスクリーンタイム機能を使用し、使用時間を制限することができる他、不要と思われる機能についてはあらかじめ非表示設定を行うことが可能です。また、緊急事態が起きた時のために、保護者自身も生体認証を登録しておくことは必須です。子供のApple IDを設定する場合にはファミリー共有の設定をしておくと、トラブル回避につながります。セキュリティー対策は子供自身のプライバシーとも関わるため、制限やルールを設ける際にはよく話し合った上で設定することが大切です。

iPhoneのカーソル移動について

iPhoneでの文字入力の際、カーソル移動ができず困ってしまうことがよくあります。しかし、基本中の基本であるために調べてもヒットしないことがあり、余計に混乱してしまいます。そのカーソル移動の方法について、いくつか紹介します。

ダブルタップのあとタップする

タップするだけではカットとコピーが表示されるだけでカーソル移動はできません。ダブルタップをした部分が選択されたら、その範囲外をタップするとカーソルが表示されます。あとは、任意の場所までカーソルをドラッグするだけです。

3D Touchでキーボードを押し込む

3D Touchが搭載されているiPhoneでは、キーボードを軽く押し込むとトラックパッドを利用できます。キーボードがライトグレーに変わると、ドラッグでカーソルを自由に移動させることができます。

まとめ

以上のような方法で、カーソル移動をスムーズにおこなうことができます。困ったら実践してみると良いです。

スマホ検定でスマートフォンを安全に利用できる知識を養う

スマートフォンは様々な情報を自分の好きな場所で得ることができるほか、連絡手段等の面でも非常に優れたものとなっており、気軽に利用していると言う人が少なくありません。しかし実際には様々な危険があることもわかっており、これらを正しく認識しておかないと思われるトラブルに巻き込まれてしまうことが多いものです。
スマートフォンの使い方の正しい知識を得るためには様々な情報を積極的にチェックすることが必要ですが、単純にこれらの情報を見るだけでは無味乾燥なものとなってしまいがちです。そこで役立つのがスマホ検定で、資格を取るために勉強することでスマートフォンを安全に使うことができる知識を身に付けることができます。子供と一緒にスマホ検定の勉強をすることで、楽しく覚えることができるのも魅力です。

仕事における効率化のすすめ

ビジネスで生産性を高めたいなら、やみくもに取り組む姿勢を改めましょう。できるだけ無駄を省けるように、効率化の視点で検討し直す必要があります。同じ業務でも、少しの工夫によって効率を著しく上げることも可能です。

たとえば、データ入力の業務を手作業で行っている場合、マクロを組むことで時間を10分の1以下にも短縮できます。そう言われると、マクロを組むのが難しいと反論する人もいるでしょう。たしかに知識は必要ですが、その気になれば1日でも基本をマスターできます。

また、作業手順を整理してマニュアル化するだけでも効率化を十分に行えます。重要なのは現状の方法を最善と認識しないことです。どこかに改善の余地があると考えてチェックしましょう。

日本でiPhoneが高い人気である理由

現在国内では様々なメーカーのスマートフォンが販売されていますが、スマートフォン端末市場において非常に人気が高いのが「iPhone」です。しかし世界的にシェアが高いとされるのがAndroidである特徴がり、日本と世界で人気の高いスマートフォンに違いがあることに興味を持つ方も少なくありません。

世界的にもiPhone使用率が圧倒的に高い日本ですが、2007年にApple社のCEOであるスティーブ・ジョブズがiPhoneを発表し、日本初の機種として2008年6月に発売となって以来、シンプルかつ使いやすいとして評判となり一気に国内シェアを築きました。

シンプルで初めての人でも扱いやすく、相場もリーズナブルな点が評価されており、さらにスッキリとした見た目で利便性に優れている点も人気が高い理由だといわれています。

Android端末からiPhoneへのデータ移行は出来る?

Androidのスマートフォンから、iPhoneに乗り換える事は比較的簡単です。iPhoneは操作性が良く、見た目もスタイリッシュです。

バラエティー豊かなアプリが配信されており、マシンスペックも優れています。ビデオ撮影やテレビ会議、音楽鑑賞や写真撮影など、iPhoneはそれ一台で多彩な使い道があります。

AndroidからiPhoneへのデータ移行も比較的簡単で、様々なデータを乗り換え先の本体へ移せます。AndroidとPCを接続し、データ移行したいファイルを一旦PCのHDDに転送します。

その後、iPhoneとPCを接続して、動画や写真や音声などのファイルをデータ移行すればOKです。他にもクラウドストレージを活用してデータ移行したいファイルを送受信する方法があります。

中古スマホ市場の成長

BankMyCellという海外の会社の調査なので、あくまで参考にしかなりませんがAndroidとiOSつまりiPhoneでは以下のような価格の差があります。
新品、つまりまったく未使用のiPhoneの1年後の平均的な買取価格は最初の価格の-16.70%、対するAndroidは-33.62%。
新品のiPhoneの2年後の平均的な買取価格は-35.47%、対するAndroidは-61.50%。
4年後は両者の格差が縮まりますが、新品のiPhoneの平均的な買取価格は-66.43%、対するAndroidは-81.11%。
ただSIMロック解除がキャリアの乗り換えや中古スマホ市場の活性化につながることは事実だといえるでしょう。SIMロックが存在した2017年度は約154万台、2019年度は約163 万台
の中古スマホが販売されています。2025 年度には販売台数265万台の見込みとの予測もあるほど、中古スマホ市場は成長しているのです。よく現在は「モノよりコト」の時代と言われますが、それを象徴しているのが中古スマホ市場の拡大なのかもしれません。端末という「モノ」よりもそれを使って何をするかという「コト」を優先する消費者が確実に増えているということでしょう。

格安スマホを端末だけ買う方法

格安スマホを端末だけ買う方法は、家電量販店をはじめ、中古スマホ専門店や格安スマホメーカーのオンラインショップなどで買うことができます。直接店舗で購入するメリットは直接触れて購入できる点です。触れてみないと使いやすさはわかりません。ただし、家電量販店は割高のことが多いため、注意してください。
中古スマホ専門店は低価格で良質な物を手に入れられますが、保証期間が短いです。また、潔癖な人には向いていない品質の商品もあります。メーカーのオンラインショップは比較検討しやすいですが、中古店よりは割高です。自分お財布の予算の範囲内で、納得できる品質の物を購入することが良い結果につながりますので、参考にしてください。